ビタミンC誘導体は、従来のビタミンCに比べると会得テクノロジーが違う!

ここでは、肌トラブルの上達に役に立つ美成分、ビタミンC誘導体についてご紹介します。

 

くだものや野菜などに数多く塞がり、誰もが知っている成分にビタミンC。美肌効力も非常に厳しく、美容白効力、シワやたるみの警護、毛孔のスパム、にきびの上達などさまざまな効果が期待できる結果、エイジングケアにも欠かせない成分のひとつになっています。

 

ちなみにビタミンCの本名前はL-アスコルビン酸。抗酸化動作(還付動作)があるため、退化を促す活性酸素を消去していただける上、酸化したビタミンEをリバイバル始める出力まで有するのです。素肌の退化は、すなわち素肌の酸化!エイジングケアを立ち向かう上で、最も重要なファクターの仲間が抗酸化物体であることは間違いありません。

 

また、ビタミンCというと“食べ物から加えるから無事故”と考えがちですが、ナルシシズムは禁忌。口から摂取したビタミンCは尿と一緒に放出されてしまい、体内に長く残ってはくれません。特に飲料、サプリで摂取したビタミンCの放出は非常に手っ取り早いだ。再び、毎日の義務実力は100mg(タバコ奴はそれ以上)ですが、レモン1個にあるビタミンCはわずか20mg。加熱した野菜集まりもビタミンCの調合音量が大幅に鎮まるので、あんまり完璧音量を摂取しているとは限りません。

 

本気でアンチエイジングを企てるのであれば、善悪、コスメティックスから“素肌にストレートビタミンCを補給する”という加療を取り入れて頂ければ幸いです。

 

ビタミンCの効力とはどんなものが残る?

 

シワ、たるみの警護・帳消し
コラーゲンの生産を促進して素肌の張り、はりを差し出す効果があります。また、セラミドの化合も促進させる効力と潤いを保つことも◎
汚れ、くすみの警護・帳消し
メラニン色素還付、メラニン色素生産禁断動作。また、UVによる活性酸素を除く効力も。
アンチエイジング効力
素肌の退化の原因のひとつである活性酸素を省く高い抗酸化動作があり、若々しさを保つ。
にきびの警護・帳消し
皮脂禁断動作があり、にきびの原因となる過剰な皮脂の分泌を抑える。また、炎症を押える効力がありにきびの乱れ、それに伴うにきび痕を防ぐ。
外見のたるみ簡単チェック法はココ

 

ビタミンCは、そのままではコスメティックスには使えない…

 

ありとあらゆる効果が期待できるビタミンCでも、実は短所があります。

 

それは、印象に触れると酸化し、水にとかすと活性がなくって仕舞うというタイミング。グングンビタミンCそのものを素肌につけても邪魔用途により、人肌の奥深くまで浸透しないのです。

 

そして、励みが激しい結果鋭敏素肌のヤツは肌トラブルを起こしてしまうことも。これでは、心からじゃないですがコスメティックスとして使えるわけがありません。

 

そこで開発されたのがビタミンC誘導体だ。ビタミンC誘導体はビタミンCの美肌効力を持ちながら、短所を克服した目新しい成分だ。そしてこれによりエイジングケアコスメティックスに大きく選べるようになったのです。

 

ビタミンC誘導体の習性を調べてみました。

 

角質部類まで浸透する
ビタミンCは素肌の普及力が小さいのですが、ビタミンC誘導体は普及力も良く角質部類まで浸透するので素肌の奥深くから素肌を加療する。
抗酸化動作が厳しい
がんらいビタミンCは抗酸化作用があるのですが、酸化しやすい特徴があるのでその効力が発動されにくいだ。ビタミンC誘導体は、酸化しにくい結果強力抗酸化動作を発揮します。
維持性・リライアビリティが生じる
水に溶け易い短所があり、一気に流れて仕舞うビタミンC 。ビタミンC誘導体は、素肌に浸透してからビタミンCとなるので、効力が維持・落ち着きます。