デトックスとホルモンバランスを利用して、改善するには?

有害重金属が体内に入ると、たんぱく質や脂肪に固着して身体の中に蓄積して赴き、酵素とくっついて身体の勤めを阻害します。
酵素は、特定のミネラルやビタミンと結合して、大切実施に深く係わります。献立を修得分裂し吸収するための修得酵素、新陳代謝や耐性を決める新陳代謝酵素など、ボディーにとって思い切り重要な勤めをしています。これらの酵素に有害重金属が結合して、酵素は本来の仕事を果たせなくなってしまうのです。

 

その結果、細胞の新陳代謝がスムーズに行われず、体調不良や年齢を促進します。また、有害重金属が体内に入ると、ボディーを続けるために活性酸素が外圧を動き出し、細胞を傷つけてしまう。

 

空気汚染が進み、農産物には農薬が使用され、ごちそうには人工の添加物や色付けチャージが使われている現代社会。私たちは知らず知らずのうちに、身体の中に有害な毒を取り込んでしまっています。それらの毒はボディーにどのような影響を与えるのでしょうか。
毒とはなんでしょう?
毒には、廃棄物を焼却する際に排出されるダイオキシンといった有害化学ものや、広大魚に数多くある水銀、古い水道管で使われている鉛、農薬に含まれているヒ素、たばこの煙に含まれているカドミウム、食品添加物や殺虫剤など含まれているアルミニウムといった有害重金属があります。

 

これらの毒が体内にたまると、酵素の勤めを阻害して、さまざまな体調不良を引き起こします。どうもエネルギーが出ない、疲れやすい、眠れない、本心が落ち込み易い、肌荒れといった症状が現れることがあります。しかし、病舎で検査をしても何も病魔が見つからないときは、毒がボディーに溜まってある可能性があるのです。

 

デトックスの手とはどうすれば良いでしょう?

 

ダイオキシンなどの有害化学もの、水銀や鉛などの有害重金属をからだの外へ排出することを「デトックス」といいます。
デトックスには、食事療法、汗をかく、デトックス栄養剤を摂取するといったさまざまな手があります。毒の75百分率は便として、20百分率は尿として、3百分率は汗、2百分率は毛髪と爪から放出されますので、腸内環境を整え、排泄をスムーズにしておくことも重要なデトックス法のひとつです。

 

加齢とともにホルモンの分泌分量が欠如し、さまざまな体調不良が個人差はありますが現れてきます。単に顕著に顕れるのが、奥様の閉経場合生ずる「更年期障害」だ。また、最近では男性にも更年期があることがわかってきました。更年期の体調不良はホルモン辺りが取り去れることにより起こる結果、足りなくなったホルモンを補充し、身体の病態を軽減する治療「ホルモン服薬」療法が注目を集めています。
加齢とともにホルモンバランスが崩れて行く
20代、30代初期のうちはホルモンは充分に分泌されています。しかし、それ以降は少しずつホルモン分泌分量が鎮まり、それほど奥様の45〜55歳位の閉経時折、ホルモン分泌分量が大幅に減ります。

 

ホルモンの分泌が収まると次のような乱調が現れてきます。

 

養成ホルモンが欠乏すると
カラダ脂肪の割増し、記念威力のマイナス、骨密度の縮小、肉欲のマイナス、耐性のマイナス、毛髪の縮小、筋肉分量のマイナス、作用アビリティーのマイナスなど

 

DHEA(奥様ホルモン、パパホルモンの前駆もの)が欠乏すると
太り過ぎ、性リアクションのマイナス、痴呆、骨粗鬆症、抑うつイメージなど
ホルモン服薬の手は居残る?病棟で血や唾液からホルモン分量を検査し、その結果によって不足しているホルモンを補充します。養成ホルモン、メラトニン、性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロン、性ホルモンの前駆もののDHEAやプレグレノロン、甲状腺ホルモンなどが昨今日本の病棟で処方されています。クリームを塗布する、噴流式、栄養剤、注射といった方法で実施されている。